Outlook系のメールソフトを設定するには


 さて、ここではメーリングリスト管理者をされている人たちの頭を悩ます、メールソフトの代表であるOutlook系メールソフトの設定についての解説を行いたいと思います。
 内容としては次の項目について解説しておきます。
トップページへ戻る
技術資料ページへ戻る

OutLook系メールソフトの問題点

 ここで実際に問題となりうる点を列挙してみます。
  • 半角カタカナがネットワークに流せる場合がある。
  • HTML形式のメールがデフォルトである。
  • Unicode形式のメールを発信することがある。
  • Message-IDが不正であることが多い。
  • ワームプログラムのプラットフォームとなりうる。

 まず、半角カタカナ、HTMLメール、Unicodeメールをインターネットに送信してはならないのかを解説しましょう。
 その最大の問題点は、「そのメールを読めない人がいる」という点です。

 インターネットでは、使用されているOSやハードウェアは多種多様です。
 それらで使用されている文字コードと呼ばれるコード体系はすべて統一されているわけではありません。
 文字コードについては、漢和辞典を思い浮かべてもらえればよいと思います。
 代表的な文字コードを列挙するだけでも、"Shift JIS"/"JIS"/"EUC"の3つがあり収録されている漢字も各文字コードで異なります。
 漢和辞典にたとえるならば、辞典が他種類あってもすべてに同じ漢字が収録されているわけではないということです。

 当然、メーリングリストのように不特定多数の方が参加しているような場所の場合、全ての人が同じ文字コードを使用しているわけではありませんから、できるだけ多くの人たちが読めるメールを書く必要があるわけです。
 そのため、各文字コード中で共通に使われている文字だけでメールを書く必要がありますが、半角カタカナについては、各文字コードで扱いが異なるため、使用できません。

 一部のOSでは半角カタカナに対して、特殊な処理が割り当てられていることがあります。その場合には最悪の場合には受け取ったシステムが強制終了してしまうことがあり得ます。

 また、Unicode形式に関しては絶対にメールとして送ってはいけません。
 Unicodeは、かなり新しい文字コードであり、すべてのソフトウェアが対応しているわけではありません。
 そのため、Unicode形式で送られてきたメールを読むことができない人が多く存在しています。
 自分の読めないメールが送られてきたときにどう感じるかを考えれば、なぜ絶対に送ってはならないのかすぐにわかることだと思います。

 HTMLメールに関しては、実行形式のファイルをメールに添付して送付することと同じことになります。
 これは、メール中に悪意のあるプログラムを仕掛けることも可能ということになりますので、よほど信用がおける人でない限り歓迎されることでは無いことがわかると思います。

 次にMessage-Idの問題についての解説です。
 Message-Idというのは、各メールごとに割り振られる重ならない文字列のことです。
 この重ならない文字列を作成する方法として、FQDNと呼ばれる各端末に固有の名前を使用することが決められています。
 FQDNとは、各ドメインごとに管理されたコンピューター名ですので、"hogehoge.michie-t.net"のような形になりこの場合に作成されるMessage-Idは"200102081217.f18CH4n46901@hogehoge.michie-t.net"のようになります。
 この文字列は、同じ物を2度と発行しないように各端末ごとに管理されています。しかし、ダイアルアップ接続で接続している場合には、メールサー